女の人

フェイスアップで若々しい姿を取り戻せ|カムバックビューティー

効果が続く期間を知る

鏡を見る婦人

肌のたるみは年齢を重ねるのと同時に症状が進行していきます。自宅でセルフケアをしているという人でも、その効果の限界を肌で感じている人もいるのではないでしょうか。確かに、自宅で行なう簡易的なセルフケアでも一時的に肌のたるみを解消していくことは可能です。ですが本格的に肌のたるみを解消することを考えているのであれば、美容外科でフェイスアップ治療を受けることを検討してみましょう。フェイスアップ治療は確実に肌のたるみを解消することが出来るため、多くの女性たちに人気です。若かりし頃のハリと弾力のあるお肌を手に入れたい人は、今一度フェイスアップ治療の可能性にかけてみてはいかがでしょうか。とはいっても、やはり最初のフェイスアップ治療は誰もが不安を覚えることでしょう。その中でも特に多くの人が気になるのがフェイスアップ治療の持続期間です。治療したものの、すぐにその効果がなくなってしまうのでは高い治療費用や治療にかけた時間が無駄になってしまいます。そのためにも、まずはフェイスアップの効果持続期間を把握しておきましょう。

まずフェイスアップ治療の効果持続期間は、施術の種類によって異なるということを把握しておきましょう。フェイスアップ治療の中でも、その手軽さから多く女性に利用されている注入治療法の効果持続時間は約半年が目安になります。というのも注入治療で用いられる、ヒアルロン酸やボトックス、コラーゲンなどの美容成分は肌に注入した当初であればその効果をいかんなく発揮させることが出来ます。ですが時間が経つと、これらの成分は身体に吸収されてしまいまうのです。そのため、注入治療で肌のたるみを無くしたいのであれば定期的に治療を受け続けなければなりません。

一方、特殊な医療用の糸を使用して直接的に肌のたるみを解消することが可能なフェイスリフト法は、注入治療よりも費用や時間がかかる分その効果も高くなるという特徴があります。皮膚を切る必要もないこの方法は手術時のリスクヘッジも可能なため、痛みが苦手な人に人気が高い治療方法になります。そして最も効果持続時間が長い治療方法が、切開を伴なうリフトアップ手術です。切開手術の方法にも様々な種類があります。傷痕が目立ちにくい耳の周囲を切開して皮膚を切りとり、皮膚を持ち上げ縫合するというものが基本的な手術方法になります。このリフトアップ手術は半永久的に効果を持続させることが出来ます。そして何よりも、たるみ解消効果が非常に高いというのが一番の魅力になります。手術を行なう必要があるためリスクは高まりますが、効果の高さと効果持続時間を考えるとそのメリットは高いでしょう。このように、フェイスリフトの方法によってそれぞれ効果が持続する時間は違います。自分に最適な方法を選択し、美しい顔を手に入れましょう。